甲府観光ナビ

能成寺

のうじょうじ

甲府盆地が見渡せる、花が美しい寺院
甲府五山の一つで信玄公の父・信虎の曽祖父である武田信守の菩提寺です。
もともとは八代郡(現:笛吹市)にあり、信玄公の時代に府中に、さらに、甲府城築城の時、現在地に移ったといわれています。
業海本淨禅師(ごっかいほんじょうぜんじ)の開山、武田信守公を開基とし、臨済宗妙心寺派の寺院で、釈迦如来を本尊とします。
「信玄の制札」、「加藤光泰禁制」などの古文書が残っているほか、境内には赤穂浪士・大野九郎兵衛の墓や、松尾芭蕉の句碑、龍の伝説を伝える「宿龍池」の碑、「虎嘯石」と呼ばれる大石などがあります。
例年4月中旬から5月上旬にはボタン、6月にはアジサイが見頃となります。
マイリストに追加 フォトツアーを見る
住所 〒400-0808 山梨県甲府市東光寺町2153
電話番号 055-233-9396(能成寺)
営業時間 8:30〜17:00
料金 無料
最寄りのバス停からの徒歩 JR身延線金手駅から徒歩約10分/甲府駅南口からバス約10分・市立図書館入口下車、徒歩約10分
車でのアクセス 中央自動車道甲府昭和ICから約15分
駐車場 普通車20台
駐車場代 無料

このスポットから近い「ほうとうのお店」

このスポットから近い「鳥もつ煮のお店」

このスポットから近い「山梨県産ワインが飲めるお店」

PR