甲府観光ナビ

日本ワイン発祥の地・甲府でたしなむ山梨のワイン

ワイン王国・山梨が誇る「甲州ワイン」の魅力を紹介!

日本固有の品種「甲州種」で造られた「甲州ワイン」。すっきりとした、爽やかな飲み口は多くの人を魅了しています。和食との相性がよく、気取らないワインとして広く人気を集めています。甲府市内にある4つのワイナリー、地元グルメとワインとの相性、甲府オリジナルワイン、そして美味しいワインが飲める店などを紹介します。
2人の日本人によって、甲府でワイン造りが始まる!
1870(明治3)年に山田宥教(ひろのり)氏と詫間憲久(のりひさ)氏の2人の日本人が、日本酒の醸造技術を応用し、甲府でワイン造りを始めました。甲府は盆地のため昼夜の温度差が大きく日照時間が長い気候、さらに傾斜地が多い土地柄。そんな気候・風土はぶどう栽培には適しており、土地の固有種である甲州種のぶどうを用いて日本で初めて国産ワインが製造されました。現在では市内に4つの個性的なワイナリーがあり、さわやかで上品な口当たりの「甲州ワイン」をはじめ、地元産のぶどうを使用したさまざまなワインが造られています。
  • 写真提供:やまなし観光推進機構

    写真提供:やまなし観光推進機構

国産ぶどう100%使用した、国内醸造のワイン
日本国内で栽培されたぶどうを100%使用して、日本国内で醸造されたワインが「日本ワイン」。日本の穏やかな風土・気候に育まれたぶどうを原料にして醸造されたワインは爽やかな香りと穏やかな酸味が特徴的です。国産ぶどうが持つ繊細な味わいは、寿司、天ぷら、すき焼きなどの和食によく合うと言われています。「国産ワイン」とは海外から輸入したぶどうや果汁を使用して国内で醸造されたワインのことを指します。2015年に「日本ワイン」のブランド力の向上を目的としたワイン法が制定され「国産ワイン」との差別化がなされました。
国際ワインコンクールで受賞!世界が認めた「甲州ワイン」
ワインの国際的審査機関「OIV(国際ぶどう・ぶどう酒機構)」が日本で初めてワイン醸造用のぶどう品種として登録した「甲州種」。その高品質なぶどうから造られたのが「甲州ワイン」です。フルーティーな香りに、すっきりとした飲み心地の白ワインで、製法によってその味わいは多彩に変化します。ワインと澱(おり)を接触させることで味に厚みを持たせる「シュール・リー」は辛口甲州の代表ともいえます。「小樽仕込み」は香ばしいオークのフレーバーを感じる濃厚な味わい。果皮や種子をまるごと醸す「グリ」は、赤ワインのような渋みが特徴で、最近は”オレンジワイン”とも呼ばれ注目を集めています。
いずれの製法も、甲州種特有の繊細な味わいが生かされていて、和食との相性は抜群です。今では世界に認められ国際ワインコンクールで数多く受賞しています。
  • ヨーロッパのワイナリーの雰囲気が漂うサドヤワイナリーの外観

    ヨーロッパのワイナリーの雰囲気が漂うサドヤワイナリーの外観

  • ワイン造りの様子が分かる見学ツアーは好評

    ワイン造りの様子が分かる見学ツアーは好評

美味しい食事とともに、味わうワインを目指して
1917(大正6)年創業の老舗ワイナリー。「日本で栽培したぶどうで世界品質のワインを」という思いがつまった“サドヤのワイン”。山梨の風土を生かしたワインは、バランスのとれた優しく上品な味わいです。毎日の食卓を彩る食事と一緒に美味しく飲めるワイン作りを心がけています。JR甲府駅から徒歩5分の場所にサドヤのワイナリーがあり、専門スタッフによる見学ツアーが開催(要予約)されています。地下ワインセラーにはぶどうの栽培方法、ワインの醸造技術などを紹介しています。見学後にはワインの試飲が楽しめます。
  • 館内ショップに並ぶワインは種類が豊富

    館内ショップに並ぶワインは種類が豊富

  • 趣のあるシャトー酒折の外観

    趣のあるシャトー酒折の外観

日本にしかない甲州種にこだわったワイン作り
世界のワインを輸入する木下グループが、自ら国産ワインの醸造を目指して1991年に設立したワイナリー。甲州、マスカット・ベリーAなど、日本固有のぶどう品種を使用してワイン醸造を行っています。毎日楽しめるコストパフォーマンスの高いワインから、世界に発信するプレミアムなワインまで幅広いラインナップが自慢。ぶどう栽培家と協力をしながら高品質なワイン作りを努めています。5種類以上のワインテイスティングが楽しめたり、有資格者が案内してくれるワイナリーツアーは人気です。
  • 甲府駅から歩いて立ち寄れるワイナリー

    甲府駅から歩いて立ち寄れるワイナリー

  • 店内にはこだわりのワインがずらりと並ぶ

    店内にはこだわりのワインがずらりと並ぶ

甲府の中心地に建つ、こだわりのワイナリー
JR甲府駅から歩いて約15分。市内中心部でワインを醸造して30年以上のワイナリー。「いいぶどうから、いいワインが造られる!」というオーナーの考えから、ぶどう栽培からワイン醸造まで一人で担当しています。山梨産の醸造用ぶどう「甲斐ノワール(赤ワイン用)」「甲斐ブラン(白ワイン用)」などを使ったこだわりのワインは上品な味わい。一本一本丁寧に瓶詰めされたワインがショップに並びます。落ち着いた店内では上質なワインの試飲が楽しめます。
  • かわいい赤い瓦の屋根が印象的な外観

    かわいい赤い瓦の屋根が印象的な外観

  • 敷地内にはレストランや結婚式場が併設

    敷地内にはレストランや結婚式場が併設

高級ワイン「ロマネ・コンティ」の原料と同品種のぶどう栽培に成功
日本では栽培が難しいと言われたピノ・ノアール種の栽培に成功したワイナリー。およそ36坪の日本で一番小さなワイナリーが、ピノ・ワール種国内最大級の栽培本数を誇っています。フランスの高級ワイン「ロマネ・コンティ」の原料として知られるピノ・ノアール種を使ったオリジナルワイン「ドメーヌ・久」は希少なワインとして多くのファン注目されています。デラウエアが熟する前に収穫したぶどう(青デラ)を醸造してできた「日本一早いワイン(ヌーヌーボー)」を発売して話題となっています。
日本ワインの代表ともなった甲州ワインをはじめ、マスカット・ベリーAや幻のぶどうアジロンダックを使用した赤ワインなど、種類豊富な山梨のワイン。地元B級グルメやブランド牛、さらに代表的な和食・寿司と一緒に楽しみたいワインを紹介します。
「甲府鳥もつ煮」×赤ワイン
甘辛くて、こってりとした味付けの「甲府鳥もつ煮」には爽やかな酸味を持つ赤ワインがおすすめ。濃い味付けのため、すっきりとした飲み口のワインとの相性が抜群です。“鳥もつ煮で甲府を元気に!”をモットーにした結成された「みなさまの縁をとりもつ隊」が「甲府鳥もつ煮」に合うワインを開発しました。果実の甘みと、穏やかな酸味のバランスがとれた赤ワインに仕上がっています。山梨県内のスーパーや酒店で販売しているので、お試しください。
「甲州牛」×赤ワイン
山梨の豊かな自然の中で丹念に育てられた「甲州牛」。豊かな風味とほのかな甘さがある肉料理には重厚で深みのある赤ワインがおすすめ。上質なお肉の旨みと甲州ワインのほのかな苦味がベストマッチ!ステーキ、ローストビーフ、炭火焼きなど、さまざまな調理法に合わせてお好みのワインをセレクトするのも楽しみです。
「寿司」×白ワイン
新鮮な海の幸と相性がいい甲州ワイン。すっきりとした味わいの白ワインをよく冷やしてお寿司と一緒に味わってください。マグロ、サーモン、タコから、濃厚な味わいのウニやイクラなどと合わせると、甲州ワインの爽やかな上品さが引き立ちます。甲府市内には地元ワインと旬の魚介が楽しめるお寿司屋さんがあるので気軽に訪れてみてください。
ぶどう、酵母、醸造所、すべて甲府市産にこだわったワイン
甲府市の開府500年を記念して作られたスパークリングワイン「甲府 Sparkling」。原料となるぶどうは甲府市の農園のものを使用、ぶどうを発酵させる酵母は武田神社で採取したものを採用した、すべて甲府市産にこだわったできたオリジナルワインです。製造ももちろん甲府市内のワイナリー。開発から商品化まで担当した「サドヤワイナリー」が白ワインを、その後、「ドメーヌ・久」で赤のスパークリングワインが造られました。
■販売元:サドヤワイナリー  商品名:「甲府 Sparkling 甲州」(スパークリングワイン・白)
■販売元:ドメーヌ・久  商品名:「甲府 Sparkling マスカット・ベーリーAアリカント」(スパークリングワイン・赤)
甲府市内で美味しい山梨県産ワインが飲めるお店の詳細はこちらです。
column
甲州ワインが飲めるお店マップをチェック

甲州ワインが飲めるお店マップをチェック

ワイン合わせすぎる街甲府 「いいえ、そこもワインです!」

甲府には、ラーメンでもお寿司でも、ワインを合わせるのが当たりまえ。
甲府市内のさまざまなお店で「甲州ワイン」を楽しむことができるんです。
そんな甲州ワインが飲めるお店マップを作成しました!
 
マップをチェックして、甲府の街へ繰り出そう!

PR