甲府観光ナビ

天津司の舞

てんづしのまい

日本最古の人形芝居と言われる伝統芸能
小瀬町にある天津司神社に古くから伝わる日本最古の人形芝居とも言われる伝統芸能で、国の重要無形民俗文化財に指定されています。
毎年4月10日前の日曜日に、小瀬町の天津司神社から隣町の下鍛冶屋町の諏訪(鈴宮)神社まで、ご神体である9体の人形がおみゆきし、舞が行われます。
言い伝えでは、昔この地に大洪水が起こった時に天から12の神様が舞い降り、残った9神によって里が開かれたと言われています。
ストーリー性豊かな歴史ある舞と桜との競演をぜひお楽しみください。
マイリストに追加 フォトツアーを見る
開催期間 毎年4月10日の前の日曜日
開催時間 12:00ころから
開催場所 天津司神社(小瀬町)〜諏訪(鈴宮)神社(下鍛冶屋町)
住所 〒400-0836 山梨県甲府市小瀬町557
電話番号 055-241-3511(天津司の舞保存会)
最寄りのバス停からの徒歩 甲府駅からバス約20分山城小下車徒歩約5分

このスポットから近い「ほうとうのお店」

このスポットから近い「鳥もつ煮のお店」

このスポットから近い「山梨県産ワインが飲めるお店」

PR