甲府観光ナビ

湯村温泉郷

ゆむらおんせんきょう

武田信玄公や昭和の文豪達が愛した厄除けの名湯
1200年前に弘法大師が開湯したと伝えられる湯村温泉郷。その昔、武田信玄公もこの地の温泉で体を癒したと伝えられ、山梨県内に数ある「信玄の隠し湯」の筆頭とも言われています。
1分間に830リットルという、非常に豊富な量の温泉が湧き出し、源泉かけ流しの温泉が自慢の旅館やホテルが多数あります。
周辺には厄除けで有名な塩澤寺や、弘法大師による開湯伝説の残る杖の湯跡と鷲の湯など、見どころも満載。
レトロな雰囲気漂う温泉街で、旅の疲れを癒しませんか?
マイリストに追加 フォトツアーを見る
住所 〒400-0073 山梨県甲府市湯村3-10-5
電話番号 055-252-2261(湯村温泉旅館協同組合)
最寄りのバス停からの徒歩 甲府駅からバスで約15分、タクシー(車)で約10分
車でのアクセス 甲府昭和ICから約15分

PR