甲府観光ナビ

こうふ開府500年

歴史ある物語が語り継がれています

武田信虎公が甲府市に本拠を移したのは、1519年のこと。それから500年、甲府市は昨年(2019年)開府500年を迎えました。
知っているようで知らないこれまでの甲府の歴史などをご紹介。
甲府からはますます目が離せません。
武田三代の歴史
中世の甲斐の国の政治的・経済的な中心地は現在の笛吹市石和一帯であり、守護の武田氏は三代にわたり石和に近接した川田(甲府市川田町)に館を構えて領国経営を行っていました。
群雄割拠の戦国時代に名将として全国に名を馳せた武田信玄の父である、武田信虎は、永正16(1519)年に躑躅が崎(現武田神社)の地へ居館を移し、家臣をその周辺に集住させるとともに、商職人町の設定や寺社の創建、市場の開設などを進め、大規模な城下町の整備に着手しました。これにより甲斐の府中「甲府」が誕生しました。
大永元(1521)年には信虎の嫡男として晴信(後の信玄)が誕生し、天文10(1541)年に甲斐の守護になると、釜無川に信玄堤を築き、新田や金山の開発を進め、交通網を整えるなど民政に事績を残すとともに、領国の拡大を図り、戦国武将としてのゆるぎない地盤を築きました。
信玄の第4子である勝頼は、信玄の死後、武田家を継ぎました。信玄さえなしえなかった高天神城を攻略するなどの戦果を挙げましたが、織田・徳川連合軍に長篠の戦で敗戦したことが転機となり、武田家は滅亡しました。
column
500年の歴史体験【こうふ開府500年プロモーション動画】

500年の歴史体験【こうふ開府500年プロモーション動画】

500年の歴史体験【こうふ開府500年プロモーション動画】

魅力がたっぷり詰まった新たな観光スポット!
信虎・信玄・勝頼の武田氏三代が過ごしたゆかりの地で、史跡武田氏館跡の歴史やこれまでの発掘調査の成果などを紹介する「甲府市武田氏館跡(やかたあと)歴史館」(愛称:信玄ミュージアム)が史跡武田氏館跡(武田神社)南側に昨年オープンしました。
エリア内には、ガイダンスやミュージアム機能を備えた展示室のほか、歴史講座やワークショップに活用できる学習室も併設しています。
こうふ開府500年記念 360°VR動画スペシャルサイト「Experience SHINGEN」が楽しめる専用ゴーグルもご用意!お手持ちのスマホでお楽しみください!
記念誌 甲府歴史ものがたり好評発売中!
こうふ開府500年記念事業実行委員会では、記念誌「甲府歴史ものがたり」を販売しています。
甲府の歴史から、あの伝説!?UFO目撃事件まで甲府の全てが詰まった一冊!!
甲府を楽しく分かりやすく学べる内容となっています!!
販売価格は、2,000円+消費税。
取扱店舗は公式ホームページからご確認ください。

PR