甲府観光ナビ
甲府駅北口をぐるりと歩く2時間コース
少し時間がある時に、商店街や歴史ある寺院など気軽に歩ける散策コースです。レトロな雰囲気がある菓子店も!
START
1

法光寺

甲府山の手 七福神めぐり 布袋尊
  • 法光寺
  • 法光寺
  • 法光寺
  • 法光寺
天文19(1550)年頃、臨川西堂禅師を開山とし、法泉寺(和田町)の末寺として建立されました。
(詳細不明)観世音菩薩をご本尊様としてお祀りしています。
山門脇には、明和8(1771)年に建立された「石場地蔵」が祀られています。このお地蔵さまは「せきば地蔵」と言う名前から「お咳のお婆さん」と呼ばれ、お参りすると咳が止まると言い伝えられています。
また笑っている姿から「笑福咳止め地蔵」「笑福お助け地蔵」とも呼ばれ、悩み事を聞き入れ恵の手をさしのべてくれると親しまれています。
徒歩約3分
2

竹川菓子店

たけかわかしてん
  • 竹川菓子店
地元の人々に愛され続けている老舗菓子店。
ここで味わえるのが「かすてら紅梅」です。紅梅は、ほんのり甘い小麦せんべいで、ふっくらとした生地で一口食べるととまらなくなる素朴で懐かしい味がするお菓子です。
毎日ひとつひとつ手作りして焼き上げている「かすてら紅梅」早ければ午前中に売り切れてしまうこともある人気商品です。
徒歩約2分
3

清運寺

甲府山の手 七福神めぐり 弁財天
  • 清運寺
  • 清運寺
  • 清運寺
  • 清運寺
応長元(1221)年に秋山与一郎隆晴が屋敷にお堂を建てたことに始まります。
その後、隆晴の末孫秋山孫四郎が出家得度し、明応9(1500)年4月28日に清運寺を創立しました。
清正公堂に所願成就の神、清正公(加藤清正公)像が祀られていて、毎年7月には縁日が開かれ「せいしょこさん」の寺として親しまれています。
また、清正公堂には商売繁盛を願うお産稲荷・願かけ石のおなで石も祀られています。
墓地には坂本龍馬の許嫁だった千葉さな子さんの墓があります。
徒歩約5分
4

ペルソナブルワリー

こうふの街で醸造した地ビール(地ビールは10月下旬出来上がり予定)
  • ペルソナブルワリー
甲府の街中で作られる自家醸造ビール。ここでしか味わえない絶品ビールです。
「こうふの地ビール」完成予定は10月下旬。くせがなく飲みやすいのが特徴!今後は、県内のフルーツを使ったフルーツ地ビールも製造予定とのことです。
気さくで明るいオーナーさんが出迎えてくれる店内はとても居心地のよい空間です。
女性ひとりでも気軽にフラッと立ち寄って飲める場所があるなんて、とても素敵なことです。
5

朝日通り

白とピンクのハナミズキが通りを彩る
  • 朝日通り
  • 朝日通り
  • 朝日通り
  • 朝日通り
白とピンクの見事なコントラストで、通りを彩ります。また、4月中旬には同商店街で「ハナミズキ祭り」も行われています。
徒歩約7分
6

武田信虎公像

武田信玄公の父 甲府駅の新たなシンボル
  • 武田信虎公像
  • 武田信虎公像
  • 武田信虎公像
  • 武田信虎公像
2019年のこうふ開府500年を記念して、甲府の礎を築いた武田信虎公の業績を知ってもらおうと甲府商工会議所が企画・制作を行い、甲府駅北口よっちゃばれ広場に設置しました。
銅像の高さは2.1m、重さは400kg。右手に軍配を持ち、武田氏の本拠地つつじが崎館(現武田神社)を背に、甲斐国を統一した後登ったと伝えられている富士山を見据えています。
GOAL

PR